【コロプラ】19年9月期 期末決算

こんにちは、イジローです。

コロプラが2019年9月期の期末決算を発表しました。

決算数値

実績値 ()内は四季報の年度予想
売上   38,920 (38,000)百万円
営業利益 2,952 (1,000)百万円
経常利益 1,655 (500)百万円
当期利益 1,070 (400)百万円

四季報の金額はドラクエウォーク前なので、あまり意味がありません。

決算分析

今回はDQWの影響もあり、珍しく大注目の決算です。

4Qだけで営業利益を20億円近く稼ぎました。

FY2019アプリで22億円の売上です。

バクモン、バベルが残念な感じなので、20億円近くがドラクエだと思われます。

9月のDQWによるセールスが90~100億円と想定すると、コロプラの配分は20%程度が濃厚です。

株価の妥当性

以下の記事で、コロプラの株価の妥当性を検証しました。

【コロプラ】ドラクエウォーク後の株価予想【割高?割安?】

2019-10-03

予想と大きく違う点は、レベニューシェア30%としていましたが、これが20%になりそうです。

また、利益率を10%としていましたが、AppleやGoogleへの支払い後の数字が売上計上されるため、DQWに関する部分はもっと高くなりそうです。

そして一番大きな影響は、DQWの勢いが衰えており、月商100億円の継続は厳しそうな点。

上記を諸々考慮すると、やはり今の時価総額は高すぎると思います。

ということで、決算発表後の本日、残りの株式も全て売却してノーポジとなりました。

収益は恐らく+350万円程です。

長い期間保有していた割にな金額ですが、プラスで終われたので良しとします。