【グリー】20年6月期 第3四半期決算

こんにちは、イジローです。

GREEが2020年6月期の第3四半期決算を発表しました。

決算数値

実績値 ()内は四季報の年度予想
売上   47,671 (67,000)百万円
営業利益 3,229 (4,100)百万円
経常利益 4,357 (5,100)百万円
当期利益 4,718 (5,200)百万円

新型コロナ影響はやはり広告事業で受けているとのこと。

また、4Qが構造改革費用等の発生で営業損失になる可能性に言及していました。

四季報予想の達成は難しいかもしれませんね。

配当は昨年度と同様、1株10円予定です。

決算分析

サプライズは特にありませんでした。

なお、投資有価証券の状況については言及がなくなっていました。

四半期毎の開示に意味がないと判断したのか、何かネガティブな要因があったのか。

あとはWrightFlyerStudios事業をWFSという子会社にする旨のリリースもありました。

今までも子会社だと思ってました。勘違い。

FY20リリース予定の開発中がなくなりました。ワンパンマンが後ろにズレた影響でしょうか。

FY21リリース予定の数は変わらないので、中止になったパイプラインがあるのかも。

FY21以降に配信予定で公表されているゲーム達。

オジサンにはワンパンマンしか分かりませんが、期待しています。

自己株の取得はかなり良い感じ。

取得単価が1株あたり400円弱。ナイストレードです。

株価が430円まで上がってきているので、ここからは是非慎重に。

毎回同じこと言いますが、現預金860億円あって投資有価証券は簿価200億円(自称多額の含み益)、借入ほぼなし 。

しかも本業でちゃんと稼いでいるのに時価総額は1,048億円。安すぎませんか。