【ミクシィ】20年3月期 期末決算

こんにちは、イジローです。

mixiが2020年3月期の期末決算を発表しました。

決算数値

実績値 ()内は四季報の年度予想
売上   111,271 (103,000)百万円
営業利益 17,165 (9,000)百万円
経常利益 16,933 (9,000)百万円
当期利益 10,724 (4,000)百万円

四季報は上方修正前の数値です。

修正後会社予想値の売上111,000百万円の営業利益15,500百万円も上回って着地しました。

決算分析

決算説明動画はスライドの説明です。

決算説明会資料にも説明内容が記載されています。

上方修正されましたが減収減益でした。

健闘しているもののモンストが着実に落ちています。

競輪競馬の売上が加わったこともあり、四半期ベースでは売上増加です。

正直、そこに手を出すのか感はありますが、儲かるのでしょうか。

セグメント区分を変更しています。

確かにこの方が分かりやすい。ナイス変更。

来期予想は安定の減収減益。

保守的に見積り過ぎている気がしなくもないですが、、、。

減益の要因内訳はほぼモンストの落ち込み。

確かに鬼滅のようなコラボは何度も出せないので難しいところ。

新型コロナ影響は比較的追い風とのこと。

やはり業績予想は保守的です。

配当はDOEを基準にしています。

資本が厚いので配当利回りを目標にされるよりはDOEの方がありがたい。

借入なしで現預金が1,254億円の会社の時価総額が1,541億円。

モンストの価値が300億円程度です。相変わらず割安だとは思いますが、、、

PTSでは下落傾向にあります。

今の株価水準は積極的に買い増すほどではないけど、手放すほど高くはないイメージ。

モンストの右肩下がりは防ぎようがないので、スポーツ事業やコトダマンなど他のアプリの状況をみて判断ですかね。