【DeNA】20年3月期 期末決算

こんにちは、イジローです。

DeNAが2020年3月期の期末決算を発表しました。

決算数値

実績値 ()内は四季報の年度予想
売上   121,387 (120,000)百万円
営業利益 △45,676 (△43,000)百万円
当期利益 △49,166 (△52,000)百万円

DeNAはIFRSなので、経常利益はありません。

頭(売上)とお尻(当期利益)は四季報を上回りましたが、概ね予想通り。

決算分析

決算説明動画を見ましたが、GREEの音声よりは見る価値ありな内容でした。

が、やはりほぼ決算説明資料に書いてあることなので、できれば質疑応答も含めてほしいところ。

スリムなBS。のれんや固定資産はほとんどが野球関連とのこと。

その他の長期金融資産には任天堂株式1,759千株(約730億円)が含まれています。

持分法投資に含まれているCygamesもイケてますね。

負債はほぼ買掛金とDTLです。

ゲーム事業が四半期ベースでは増加しています。

ただリリースや季節的な要因で、基本的には横ばいかやや右肩下がりでしょうか。

スポーツ事業です。

新型コロナの影響で、1Qの売上がほぼなくなるのは厳しいですね。

保有している他のゲーム銘柄に比べると、新型コロナの影響は受けがち。

スポーツ事業のダメージがでかい。

新型コロナ影響に備えて200億円借入しています。

あんなに自己株式を取得した上での借入は若干マヌケですが、、、

しかも自己株式の取得単価が1,650円くらい。

今の株価1,400円、、実施が1年早かったですね。

Pocochaが着実に伸びているらしい。

showroomが厳しそうなので、こちらに期待。

投資スタンスとしては、諸々込みで売りも買いもせずに静観します。