【DeNA】21年3月期 第1四半期決算

こんにちは、イジローです。

DeNAが2021年3月期の第1四半期決算を発表しました。

決算数値

実績値 ()内は四季報の年度予想
売上    30,341 (110,000)百万円
営業利益   12,570 (4,000)百万円
当期利益    9,867 (4,000)百万円

DeNAはIFRSなので、経常利益はありません。

売上の進捗そこそこで、営業利益と当期利益は既に年度計画を上回りました。比較的いい決算。

営業利益だけ見るとめっちゃいい決算に見えますが、MOTの分割で20億円、SHOWROOMの譲渡で78億円を計上した影響です。

決算分析

決算説明動画を見ましたが、守安さんがいつもより明るい感じでした。笑。

決算数値が比較的よかったからですかね。

売上若干減ですが、営業利益が前期比で5倍以上!

IFRSなので特殊要因である事業売却も営業利益に計上されています。

ただ、特殊要因を除いたNon-GAAPの営業利益も前期比プラスで着地しています。

新型コロナのせいでスポーツが厳しいですね。

その分、Pocochaが伸びてライブストリーミングがいい感じになっています。

こちらは新型コロナが追い風になっているようです。

新型コロナで厳しいスポーツですが、新たな取り組みを模索しています。

たしかに今年は例年より野球を見ている気がするので、チャンスはあるのかも。

ゲームはスラムダンクが中国でヒット!

今後も海外発でグローバルに展開していく戦略も継続していくとのこと。

スラムダンク効果もあり、海外ユーザの消費額が大きく伸びています。

今後、伸びを維持できるかですね。

借入を200億円実施して現預金残高は830億円です。差し引くと630億円。

その他の長期金融資産には任天堂株式1,759千株が含まれています。

任天堂の本日(8/5)の株価が49,100円なので、863億円の価値です。

現預金と合計すると1,500億円弱。持分法投資にはCygamesも含まれています。

プロ野球の球団も持っていて営業CFもちゃんとプラスですし、ピカピカすぎるやろ。

これで本日の時価総額は1,659億円(株価1,337円)です。お安い!