【MTG】20年9月期 期末決算

こんにちは、イジローです。

MTGが2020年9月期の期末決算を発表しました。

決算数値

実績値 ()内は四季報の年度予想
売上    34,845 (34,000)百万円
営業利益  1,219 (△1,000)百万円
経常利益  1,672 (△600)百万円
当期利益  1,525 (0)百万円

来期の業績予想は売上40,000百万円、営業利益は1,400百万円と増収予想です。

ただ、PTSは激しく下落しています。

数日前の上方修正で来期への期待値が高まり過ぎていた影響ですかね。

決算分析

減収ですが、コスト削減により増益です。

減収にも関わらず粗利が+56%は激しめですね。笑。

販管費も20%以上削っています。

インバウンドなど、外国人向けが厳しい中、ECでカバーしました。

来期は外国人向けをどの程度戻すことができるか。

SIXPADはホームトレーニング需要で微増です。

前述した通り、営業ができない中でよく頑張りました。

3Qが102億円だったので、4Qのみで40億円の売上です。

新しくSIXPAD HOME GYMを始めています。

社長も決算説明会で言及していましたが、Peloton(ペロトン)日本版のイメージでしょうか。

インストラクターとして、スペシャルゲストが登場するかも!?の図。ほんまかいな。笑。

個人的に期待もしていますが、アメリカに比べて狭い住宅事情&ワクチン開発による需要減少等、リスクも高めです。

ドライヤー・アイロンの牽引により増収です。

3Qが92億円だったので、4Qのみで44億円の売上です。

SIXPAD含めですが、この勢いを継続できるかどうか。

会社もローラー依存に危機感を持っており、ポートフォリオを構築した上での増収を目指しています。

また、サブスクリプションでの販売戦略も実施しています。

その他、除菌などの衛生まわりも今後の注力ビジネスになっています。

スマートリングも2021年の1月から開始。3月から一般販売も予定しているとのこと。

まぁスマートリングはGAFAが出てきたら即死だと思いますが、、、

来期の業績見通しです。

恐らくこれが期待外れで、PTSで激しく下落しています。

不確定要素が多すぎてあまり意味がない気もしますが。

ちなみにディープバリュー視点でいうと、現預金が130億円程度で時価総額は700億円超えなので株価高すぎ。

逆テンバガーリスクはなくなりましたが、ここから積極的に買うのは投資方針からすると厳しいところ。