【MTG】21年9月期 第1四半期決算

こんにちは、イジローです。

MTGが2021年9月期の第1四半期決算を発表しました。

決算数値

実績値 ()内は四季報の年度予想
売上    10,941 (40,000)百万円
営業利益  1,407 (1,400)百万円
経常利益  1,432 (1,400)百万円
当期利益  1,304 (900)百万円

売上の進捗は順調、営利以降は1Qで既に計画を達成していますが、保守的に業績予想の修正はなしです。

決算分析

前1Q比で増収増益です。QonQでは増収減益となっています。

QonQで営利が減少した要因として、コストが増加した影響があります。

当1Qは特にマーケティング費が大幅増となっています。これは問題ないのですが、研究開発費が前期から減少傾向にあるのは少し気になります。

相変わらず分かりづらいセグメント別実績です。

前1Qはコロナ蔓延前なので特にECが伸ばしています。ジムはまだまだ業績に貢献する水準にはありません。リテールストアでの売上が前期より伸びているのは驚き。前期が酷すぎた説はありますが。

ReFaブランドは、美容ローラーの新作やシャワー・アイロンが好調で増収です。QonQでも+13億円の増収。

細かい金額は拾えませんが、シャワーヘッドとアイロンが大幅に伸びているようです。シャワーヘッドはサブスクでの販売も行っている模様。

一方で、SIXPADブランドはYonY、QonQ共に減少しています。前述しましたが、HOME GYMサービスはまだまだ貢献にはほど遠いようです。こうなると、ReFaが2Q以降に落ち着いてしまった場合が少し心配です。

目指せ日本のペロトン!笑。

その他にも除菌などの衛生まわりや

スマートリングの開発

EVバイクの発売など、話題になりそうなものは手当たり次第に手を出す節操のない感じ。好きです。笑。マットレス(NEWPEACE)はどこへいった。笑。

現預金は114億円程度。借入もないので、すぐに資金がショートすることはありません。

ちなみに現在の時価総額は570億円くらい。逆テンバガーで上場廃止やらなんやら言っていたのが懐かしいですね。

ディープバリューではないので、ここからしこたま買う気はしませんが、日本のPelotonに賭けるのもなしではないですね。とりあえずは今のままホールド予定です。