【グリー】21年6月期 第2四半期決算

こんにちは、イジローです。

GREEが2021年6月期の第2四半期決算を発表しました。

いつもより遅めな決算発表日だったので、ネガティブなリリースがあるのではとヒヤヒヤしていましたが、業績含めいつもと変わらない決算でした。

決算数値

実績値 ()内は四季報の年度予想
売上   28,914 (65,000)百万円
営業利益 2,155 (3,500)百万円
経常利益 4,960 (4,500)百万円
当期利益 4,245 (3,000)百万円

売上は計画比でかなり遅れています。営利以降は順調。投資事業組合運用益で経常利益以降は既に計画達成済です。そして3Qでも投資有価証券売却で1,616百万円を計上予定。本業よりも投資先の上場で稼ぐスタイル。

決算分析

1Qで話題になった本社移転の違約金705百万円は、2Qでは416百万円(引当186百万円含)の計上でした。今後の賃借料で回収できると信じています。

業績はQnoQ、YonY共に安定の減収で営業利益も減益。金額としては『FY21は毎四半期1桁億円中盤~後半の営業利益を見込んでいる』という前期末の会社発表通りの結果です。

ただし、事前にリリースがありましたが投資事業組合運用益を28億円計上しているので、最終利益は激しく増益。

今年度1番期待値が高かったワンパンマンが残念な状態です。アサルトリリィはそこそこ検討している模様。今年度はゲームで激しく稼ぐのは厳しそうですね。

中国で色々と展開していますが、こちらも目立った成果はあげられていない模様。今後のためにノウハウ獲得としてはありですかね。

自己株式の取得は平均取得単価568円で1/3ほどが完了。当2Qの業績をどの程度株価が織り込んでいるか分かりませんが、下がったら自己株を安く取得できるので、それはそれでOK。

いつの間にか社債を発行していました。現在のネットの現預金は811億円で、投資有価証券は簿価226億円(自称多額の含み益) 。

2/12の終値631円ベースでの時価総額(手許計算)は1,392億円です。ホールドを続けます。